新着情報

2021.07.12

大見城と大見氏、「鎌倉殿の13人」との関係は?

大見城に、大見川、そして大見とうふ。地元の方にはおなじみの名前ですが、

改めて、「大見ってなに?」。 そう思う方も、多いかもしれません。

大見と書いて、「おおみ」と読みます。

平成の大合併で「伊豆市」が誕生するまで、中伊豆エリアは中伊豆町でした。

その中伊豆町は、昭和32年まで「上大見」「中大見」「下大見」の3つの村でした。

「大見」とはかつての地名であり、この地に栄えた豪族、大見氏にちなんでいます。

大見氏の出自には諸説ありますが、常陸国の平貞盛を祖とし、平安時代末期に

中伊豆に定着したと考えられ、その後は鎌倉御家人として重用されました。

大見氏は、2つの川と3つの道が交わるところの小高い山に、城を築きました。

それが、大見城です。戦国時代を通じて、北条氏が縄張りを戦略的に整備、

「小規模ながらもすぐれた山城」と評される、山城ファンに人気のスポットです。

鳥居をくぐって、頂上までは約15分。標高差はおよそ80メートル。

次回から、ルートのご案内をしてまいります。

ちなみに、城を築いたのは、大見氏初代と推定される大見家政(いえまさ)、

またはその息子とされる大見小藤太(ことうた)です。

この2人、来年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」には登場はしないようですが、

大見小藤太にあることを依頼した伊豆の武士、工藤祐経(すけつね)は大河ドラマに登場、

お笑いトリオ「我が家」の坪倉由幸さんが演じます。

大河ドラマと中伊豆の歴史、すこ~しリンクしているかもしれません! 乞うご期待。

新着情報

2022.05.16

例年8月上旬に開催しています萬城の滝祭りは今年も中止とします。今後は開催時期を見直し、来年の5月頃に行う予定です。

2022.01.31

伊豆市の地蔵堂川上流にある高さ20m、幅6mの豪快な滝、その轟音と水しぶきはダイナミックそのものです。滝つぼにはハート岩があり、最近は「両想いの滝」としても有名です。

サイト内検索

^
Copyright (C) 伊豆市観光協会中伊豆支部 All Rights Reserved.